活躍する先生方の声
DOCTOR INTERVIEW
理事長からのメッセージ
院長・副院長インタビュー
訪問診療は「人間と向き合う」こと
医療法人社団 黎明会 練馬東クリニック 副院長 森本 慎吾

昭和49年生まれ 群馬大学 卒業 日本外科学会専門医

インタビュー
  • インタビュー
  • 入職のきっかけ

    エージェント会社からの紹介で

    転職のエージェント会社に紹介してもらったことがきっかけです。希望している条件を満たすのが「訪問診療ネットワーク」の求人内容でした。

    訪問診療のやりがいや魅力

    「病気に向き合う」というより、「人間と向き合う」こと

    一言で言うと、病院と違って患者さんの「生活を看る」「生活を治す」ことができるということではないかと思います。
    まさに生活に密着した医療であり、訪問診療ですから病院と比べて出来ることが限られて、もどかしく思うこともありますが、「患者さんの生活が分かることでできる医療がある」ということなんだと思います。
    訪問診療は「病気に向き合う」というより、「人間と向き合う」ことだと思います。
    生活を看るわけですし、ご家族もいるわけですから、どこまで誠実に患者さんと向き合えるかが大事なわけです。そこに訪問医としての意義や、やりがいがあるとわたしは思っています。

訪問診療医へのサポート体制

医療に専念できる環境が整っている

開業医なら自分で経営もしなければならず、契約周り、スケジュール管理や病院との連携も、全部自分でやらなければならないところですが、経営部分は完全にお任せできますから、医療に専念できて助かっています。

訪問診療の難しさ

医療の知識、経験それ以外にも求められることは多い

相手のテリトリーに伺うわけですから、患者さんの立場に立ってみると、イヤな先生には来て欲しくないと思います。
「イヤだな」と思われないようにしなければならない。もちろん患者さんはおひとりおひとり性格が違いますし、ご家族もいらっしゃいますから、全ての患者さん、ご家族とうまくいくというのはとても難しい事ですよね。そういった意味で、医療の知識、経験以外にも、求められることがたくさんあるということでしょうか。

在宅医療に進むきっかけ

病院ができないこと、看れないことに応えていきたい

外科としての病院勤めと訪問診療を両方やっていた時期があったのでよく考えさせられたんですが、例えば手術が必要な病状があって、患者さんが病院に行ったとします。
手術をして、入院して、病気は治せた。でもその後の生活で快適に過ごせなくて苦労するという事がよくあるんです。それでまたその患者さんは病院に行くんですが、「再発はしていませんね、大丈夫ですよ」と、て言われてしまう。
例えば、胃ガンとかが分かりやすいかと思いますが、胃を切って、「もう大丈夫ですよ」なんて言われて、でも患者さんは食べることができなくなって大丈夫ではないわけです。そういうことがあるから、患者さんの「生活を看る」「生活を治す」という医療が必要なんだと思います。
少しでも快適に過ごすことができる相談役にはなれるのではないでしょうか。医療に携わる以上、社会貢献したいという想いがありますからね。病院ができないこと、看れないことを求めている患者さんがいる以上、そこに出来る限り応えてたいと思います。

訪問診療を目指す方へのメッセージ

実直に、一生懸命に患者さんに向き合える方に来て欲しい

多分、ほとんどの医師が思っている訪問診療のイメージと、実際は全然違うと思います。「訪問診療程度」と思われているかもしれませんが、もしそうだとしたら、訪問診療に初めて携わった先生は「意外と大変だな」と思うと思います。設備がない病室がいろんな場所に分かれて存在して、かつ24時間看るようなイメージですね。
5感が勝負と言いますか、「変だな」と察知することから始まって、何かあれば病院と連携して専門医に患者さんを託すわけですが、そこで大事になってくるのは、いろんな病院の様々な先生との「つながり」です。すぐにお願いできるだけの関係や信頼が求められますから、診療だけやっていれば良いということではないんです。
だから勤務医として疲れて、「じゃあ、訪問診療でもやるか」みたいな考えでいるのだとしたら、それは大間違いかなと。
決して楽だと思って訪問診療に来ないほうがいい。そう思いますね。
何はともあれ、実直に、一生懸命に患者さんに向き合える方に来て頂けたらと思います。
応募・問い合わせ
訪問診療ネットワーク医師募集サイト
本部
所在地
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町23
日土地山下町ビル9階
TEL 045-681-3500
FAX 045-681-3501