活躍する先生方の声
DOCTOR INTERVIEW
理事長からのメッセージ
院長・副院長インタビュー
「生活に寄り添った医療」を提供できる
医療法人社団 鷹松会 理事長 川島 裕也

昭和56年生まれ 浜松医科大学卒業

インタビュー
  • インタビュー
  • 入職のきっかけ

    「日本一のネットワークを築く」というビジョンに大きな感銘を受けた

    元々家族経営的な在宅クリニックで働いていたが、将来について考えているときに訪問診療ネットワークの話を聞く機会があった。 今後のビジョンや考え方を聞き、「訪問診療ネットワークの将来性」にとても興味を持った。
    一番大きかったのは、しっかりとした事業計画を持ち、メンバーを増やしながら持続的な成長を目指していること、 そして「日本一のネットワークを築く」というビジョンに大きな感銘を受けた。

    訪問診療のやりがいや魅力

    「ご家族の揺れ動く気持ちを支援できること」が訪問診療には求められている

    訪問診療は「看取り」に話がフォーカスされることが多い。もちろんそれも訪問診療の一面だが、 患者さんやそのご家族の暮らしや生活に寄り添った医療サービスを提供できるかどうかがより大切と考えている。
    「看取り」だけにフォーカスしてしまうと、「やることが少ない医療」になってしまうが、 「そこに至るまでのプロセス」や、「ご家族の揺れ動く気持ちを支援できること」が訪問診療には求められていると思う。
    「自宅で過ごせてよかった」、状態が悪くなったときに「適切なタイミングで病院を紹介してもらえてよかった。」 そうした結果を訪問診療医が引き出せた際には、ご家族や患者さんから本当の意味で「ありがとう。」と言って頂ける。それが魅力だと思う。

「訪問診療ネットワーク」で勤務する魅力、メリット

自分で開業するよりも、「より治療に専念しやすい」環境を得られる

自身で独立・開業する場合には、医療的側面以外に、経営的な側面もすべてを行う必要がある。 クリニック運営をすべて一手に担うには負担もリスクも相応に高くなる。 それに対し「訪問診療ネットワーク」には様々な経営支援サービスがあり、 ファイナンス面や、インフラの提供を通じた支援、人材の採用や育成もアドバイスを受けながら進められるというメリットがある。 そのため自分で開業するよりも、「より治療に専念しやすい」環境を得られる。 理事や理事長としてであれば経営的なところで責任は負うためリスクがゼロとは言えないが、はるかにリスクが低い状態で事業をスタート出来ると言える。 また、訪問診療ネットワークには、様々な先生や看護師がいる。 その繋がりの中で、人的交流も可能で知識やノウハウを共有しやすい点も大きな特徴だと感じる。

訪問診療医へのサポート体制

メディカルサポーターが、事務長としての機能を果たしてくれる

各法人・クリニックに配属されているメディカルサポーターが、事務長としての機能を果たしてくれる。
営業以外にも、様々な応対の窓口機能、医師の相談役としての機能も担ってくれ、さらに事業の相談も行えるので非常に心強い存在になっている。

また医療保険部を通じて医療報酬改定等の最新の情報は逐次共有される仕組みがある。 訪問診療ネットワークはとても情報を得やすく働きやすい環境が整っていると感じる。

新入職医師の受入体制や研修について

訪問診療のやり方に慣れ、実際の流れを体験してもらう

新しく入職する医師に関しては、訪問診療のやり方に慣れてもらうこと、総合病院との違いを知ってもらうことが一番大切。 診療への同行等を通じて実際の流れを体験してもらうこと、訪問診療ならではの大切なことを実際の現場で伝えていく。 その中でもし悩みやうまくいかないことがあれば、中立的な立場である、メディカルサポーターに相談をしてみることもできる。
希望があれば、複数法人がある強みを活かして、各法人ごとに同様に診療を行っているので、いくつかのクリニックを見学にいくことも可能である。

訪問診療医の難しさ

医師それぞれの価値観に委ねられる線引き

総合病院と比べ、訪問診療でやれる医療行為は少ない。 限られた制約の中で診療をする必要があるが、それに対して対象となる施設や患者さん、そのご家族からは「出来る限り訪問診療だけですべての医療を完結してほしい」という要望もある。 医療従事者としては、病院で治療すれば治る可能性があれば当然薦めることになるが、難しいのはその線引き。 どこまでを自分が担うべきか、どのタイミングで病院への紹介を検討するのか、そこはこれまでの経験や医師それぞれの価値観に委ねられている部分になる。 一筋縄ではいかない側面があると感じている。

また良い面も多い反面、グループ診療ならではの難しさもある。
訪問診療では、24時間365時間の医療を一人で続けるのは無理があるので、複数の医師が協力して、持ち回りで休日や夜間の対応を行うことが多い。
1人の患者さんに複数の医師が関与することになるため、医師間での治療方針を含め、価値観や考え方の相違はどうしても生じるときがある。
そこは訪問診療に従事する医師の「グループとしてのパフォーマンス」が求められている。 訪問診療の一つの難しさと言えるかもしれない。

訪問診療医を目指す方へのメッセージ

一歩を踏み出せば、必ずその先の未来が広がる

訪問診療を志す方には様々なバックグラウンドがあると思う。 総合病院の勤務医から在宅の世界で患者さんと向き合う事を選んで転身する場合、昨今の医療情勢の中で自分自身のキャリア形成として在宅医療を選択する場合、 定年後に新しいチャレンジとして在宅医療に従事する場合、 背景は様々あれど、一つ共通して言えることとして、「在宅医療は、総合病院における医師のキャリアの延長線上とは少し違う」ということ。 そこには一歩踏み出す勇気が必要だと思う。しかし、その一歩を踏み出すことで新しい可能性が広がる。

特に訪問診療ネットワークは、毎年患者数が増え、組織が大きくなり、新しい拠点も法人も増えている。求める人にそのポジションを提供しやすい状況がある。 理事長として、経営の責任者となることも、管理職や責任のあるポジションに就くことも、希望している人にはその可能性が大きく開かれている。 責任は重くなるが、見合っただけの報酬を得たいというニーズにも応えられる。 逆に必ずしも管理職ではなく、働き方に不安がある医師にもその状況にマッチした働き方を提案できる可能性も高い。

いろんな意味で転職をするに際して不安を感じている方は、是非一度、私たちまでご連絡を。 どのような働き方が選択でき、その際の報酬がどれくらいになるのか、具体的な話もできるかもしれない。 一歩を踏み出せば、必ずその先の未来が広がる。 訪問診療ネットワークのメンバーと共に働き、日本一のネットワークを共に築こう。
応募・問い合わせ
訪問診療ネットワーク医師募集サイト
本部
所在地
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町23
日土地山下町ビル9階
TEL 045-681-3500
FAX 045-681-3501