24時間・365日体制の在宅医療 訪問診療ネットワーク

訪問診療(在宅医療)とは

健やかなイメージの街

訪問診療(在宅医療)とは、お一人で通院が困難な患者様のもとに医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に治療・看護・健康管理等を行うものです。定期訪問に加え、緊急時には必要に応じて 臨時往診や入院先の手配なども行います。
訪問診療の目的は病気の治療だけではありません。転倒や寝たきりの予防、肺炎や褥瘡(床ずれ)などの予防、 栄養状態の管理など、予測されるリスクを回避し入院が必要な状態を未然に防ぐことも重要な役割です。

患者様のメリット

  • 通院負担の軽減

    お一人で通院受診することが困難なご高齢の方にとって、介助者を伴っての通院や、医療機関・調剤薬局での待ち時間が無いため、身体的な負担が軽減されます。



    24時間365日の対応

    お住まいで安心した療養生活を送っていただくため、主治医を含めた複数の医師・看護師が24時間・365日対応いたします。容態が急変し、医師が入院を必要と判断した場合、連携病院を紹介しますので、ご安心ください。 (以前かかったことがあるなど、特定の病院を希望される場合にも対応いたします。)

施設・ご家族様のメリット

  • 通院介助負担の軽減

    施設スタッフ様におかれましては通院介助の人手が不要となり、施設スタッフの確保ができ、サービスの向上にも繋がります。また、ご家族様におかれましては平日昼間に時間をとられることなく通院介助負担が軽減されます。



    医療のワンストップサービス

    定期的な訪問診療以外にも、予防接種の実施、薬局についてのご相談など、医療に関することは全てご相談を承ります。



    介護との連携

    高齢者施設での診療経験豊富な医師が、ご要望に応じて介護に対するアドバイスや勉強会などを実施いたします。 施設スタッフ様とひとつのチームとなり、介護技術のレベルアップのお手伝いもさせていただきたいと考えています。